大切なペットだから、不安も痛みもなるべく感じてほしくない…そんな愛ある飼い主様のために

こんばんは🦊

アメブロ「環軸椎亜脱臼のチワワちゃん、東洋医学的に見ると?」の続きをこちらに書いて行きたいと思います😁

1週間前から、首にとても痛みがあり、一時は全く硬直して動けなかったそう・・・

今日往診に伺ったときにも、目には力がなく、顔もあまりあげることなく、じっと寝ていました。

肩周りはカッチカチで、ちょっと触るだけでも痛そうだったので、レーザー鍼を当てながら、もう力加減は羽を触るくらいで最初はマッサージ😂

でも、だんだんほぐれていって・・・

可愛いぃ・・

私も思わず、声が漏れるほどうっとり😂

だんだん頭が・・・

このレーザー鍼は、台湾から取り寄せていただいたものなんですが、鍼と同じように血流を良くしたりでき、しかも痛みが全くないということで、猫ちゃんやこんな小型犬の特に痛がる首や膝などの疾患の時に使用しています😋

レーザー鍼の説明

さて、ではなんでこんなにカッチカチの肩になってしまったかというと・・・

この子の後ろ足の弱さ、膝蓋骨脱臼にあったのです。

後ろ足が弱い→庇おうとして前重心になる→首肩に力が入る→いつも首肩が凝っている

こんな順序でどんどん前にかかる負担が大きくなっていたこと。

そして、ここに更に春の肝の気の巡りの悪さから、

気が巡らない→血が巡らない→血が滞る→瘀血になり、滞っていた首肩に痛みが出た

こんなことが起きていたと思われました😅

さて、このチワワちゃん、施術後どうなったかというと・・・

施述後

こんな元気に走り回ってます😂

飼い主さんが、「もう嘘のようです😂」と何度も言っておられましたが、手術もせず、体の負担をとってバランスを整えて行っているだけなのです😅

ただ、前にかかっている負担の元になっている後ろ足は、今後しっかりリハビリして筋肉をつけていかないといけませんし、瘀血状態はすぐには改善しないので、これから漢方も合わせてサポートしていきます😀

春編の季節別ケアセミナー、初級編でこんな子の(もっと悪かったけど)動画を見せてご紹介したばかりですが、本当に今の時期は肩から上に症状が起きやすい季節です。

普段から気の巡りが悪くて、気が上りやすい子、肩が凝りやすい子は要注意です!!

お食事や普段のマッサージでしっかりケアをして行きましょう😊

気が巡らないと血も巡らないし、胃腸も動き出しません!!

これからの1年気持ちよく、病気なく過ごすためには、春にどれだけ養生して行くかが大事!!

なーんにも気にしてないわぁって飼い主さん!

ぜひこの機会にしっかりお勉強して、おうちケアやってあげてくださいね😄