大切なペットだから、不安も痛みもなるべく感じてほしくない…そんな愛ある飼い主様のために

鍼治療について


鍼治療は、患部やツボに刺すことで、ワンコやニャンコの体のバランスを整えたり、コリや痛みなどをとったりする事ができます。

鍼の効果というものは、まだまだ解明されていないことも多いのですが、私の患者さんでは、鍼治療後にフケが一気に出てきたり、毛がフワフワになる子がとても多いです。これは鍼治療により、血行が促進されて皮膚や毛の新陳代謝がよくなったためと考えています。またこれも毎回驚かれることですが、「どこからこの皮膚は来たのか?」というほど、皮膚の伸び方が良くなる子も多いです。これも鍼を行うことで、「気」や「血」が流れ出すために体にゆとりが生まれてくると考えています。体にゆとりが生まれると、とても体が軽くなるので、寝たきりの子が鍼治療後に立てるようになったり、走らなかった子が走るようになったりと、様々な変化が現れます。

 

鍼治療は、単に椎間板ヘルニアなどの痛みのあるときだけに使うものとは限りません。

私は、毎回往診したほとんどの子に鍼治療を行いますが、「病気(気が病んでいる)」の子は、必ず体のバランスが崩れています。例えば、慢性腎不全の時には、体の血液がドロドロになった瘀血(おけつ)という状態に必ずなっている事が多いので、鍼治療をすることで、血液の流れをよくし、結果的に腎臓に入る血液量を増やす事ができます。

このため、西洋医学ではお手上げと言われた状態の子でも、鍼治療を定期的に行う事で、体の歪んだバランスを整え、体調が回復して行く子も多いのです。

鍼を刺す瞬間は、ドンッと鈍い重さが体に走るので、びっくりして鳴いたり逃げ出してしまう子もいますが、その後に電気治療を行うと気持ちがいいのか、ぐっすり寝てしまう子がほとんどです。どうしても鍼ができない子や関節などの鍼を刺して痛がる場所は、レーザー鍼や小児鍼と言って刺さない鍼を使うこともできますので、お気軽にご相談くださいね。

 

基本料金


*鍼治療、電気治療、小児鍼は、基本の往診料に含みます。

*レーザー鍼は、約10分間の治療で別途2000円

鍼治療について


鍼治療は、患部やツボに刺すことで、ワンコやニャンコの体のバランスを整えたり、コリや痛みなどをとったりする事ができます。

鍼の効果というものは、まだまだ解明されていないことも多いのですが、私の患者さんでは、鍼治療後にフケが一気に出てきたり、毛がフワフワになる子がとても多いです。これは鍼治療により、血行が促進されて皮膚や毛の新陳代謝がよくなったためと考えています。またこれも毎回驚かれることですが、「どこからこの皮膚は来たのか?」というほど、皮膚の伸び方が良くなる子も多いです。これも鍼を行うことで、「気」や「血」が流れ出すために体にゆとりが生まれてくると考えています。体にゆとりが生まれると、とても体が軽くなるので、寝たきりの子が鍼治療後に立てるようになったり、走らなかった子が走るようになったりと、様々な変化が現れます。

 

鍼治療は、単に椎間板ヘルニアなどの痛みのあるときだけに使うものとは限りません。

私は、毎回往診したほとんどの子に鍼治療を行いますが、「病気(気が病んでいる)」の子は、必ず体のバランスが崩れています。例えば、慢性腎不全の時には、体の血液がドロドロになった瘀血(おけつ)という状態に必ずなっている事が多いので、鍼治療をすることで、血液の流れをよくし、結果的に腎臓に入る血液量を増やす事ができます。

このため、西洋医学ではお手上げと言われた状態の子でも、鍼治療を定期的に行う事で、体の歪んだバランスを整え、体調が回復して行く子も多いのです。

鍼を刺す瞬間は、ドンッと鈍い重さが体に走るので、びっくりして鳴いたり逃げ出してしまう子もいますが、その後に電気治療を行うと気持ちがいいのか、ぐっすり寝てしまう子がほとんどです。どうしても鍼ができない子や関節などの鍼を刺して痛がる場所は、レーザー鍼や小児鍼と言って刺さない鍼を使うこともできますので、お気軽にご相談くださいね。

 

基本料金


*鍼治療、電気治療、小児鍼は、基本の往診料に含みます。

*レーザー鍼は、約10分間の治療で別途2000円