大切なペットだから、不安も痛みもなるべく感じてほしくない…そんな愛ある飼い主様のために

飼い主様に知っていただきたい
《おうちケア》をお伝えしています


開催決定!出張セミナー情報

飼い主様に
知っていただきたい
《おうちケア》を
お伝えしています


開催決定!出張セミナー情報

ペットに負担のない診療とは?


ペットに負担のない
診療とは?


ペットは大切な家族。

いつも元気でいてほしいから。


オムニア自然療法ペットクリニックは、大切な家族であるペットに負担の少ない、自然療法を取り入れた往診専門の動物病院です。
鍼や漢方などの東洋医学や、マッサージ、薬膳、フラワーレメディ、理学療法(リハビリ)を取り入れ、飼い主様とペットに寄り添う診療をご提供しています。

ペットに負担のない診療とは、このような技術的なものだけではなく、飼い主様が気軽に「おうちでできるケア(ホームケア)」を行うことが一番大切だと考え、セミナーや通信教育も積極的に行っております。

いつでも私共にお声掛け下さい。ペットは大切な家族なのですから。

公式ブログ最新記事


食物アレルギーが起きる原因って??

こんばんは!!   さて、今晩もアメブロの続きです😀   今日講義の中で印象に残った言葉もう1つです。   「今の時期に、花粉や黄砂に反応してアレルギーでくしゃみや鼻水が出るとか目が痒くなるとかいうのは、『何かに反応しやすい状態になっているから起きていることだと考えるべき。反応しやすい状態になっている『根本原因』が何かをちゃんと見ないといけない」 と。   よく私のセミナーでのご質問であるのが「食物アレルギーがあるんですけど、何を食べさせたらいいですか?」というご質問。  ...

続きを読む

跛行を東洋医学的に見ると??

おはようございます😄 さて、今日はアメブロで紹介した黒ラブちゃんを東洋医学的に見て行くとどうなるのか?書いていきます😊 さて、この黒ラブちゃん、実は左前足の跛行だけでなくて、いろんな問題が小さい頃からあって😅 陰陽五行の体質診断で見ると、こんな風に各臓器のバランスがバラバラ😅 水(腎)が0というなんとも大変な状態😳 腎は足腰の弱りなど、骨(歯)と深い関わりがあります。 最初はこれを見て、「だから跛行してるんだ〜」と安易に考えていたんですが、性格を聞いても「怖がりさん」でもなく、耳も歯も綺麗。...

続きを読む

環軸椎亜脱臼のチワワちゃん、おうちケアでどう治す?

こんばんは🦊 アメブロ「環軸椎亜脱臼のチワワちゃん、東洋医学的に見ると?」の続きをこちらに書いて行きたいと思います😁 1週間前から、首にとても痛みがあり、一時は全く硬直して動けなかったそう・・・ 今日往診に伺ったときにも、目には力がなく、顔もあまりあげることなく、じっと寝ていました。 肩周りはカッチカチで、ちょっと触るだけでも痛そうだったので、レーザー鍼を当てながら、もう力加減は羽を触るくらいで最初はマッサージ😂 でも、だんだんほぐれていって・・・ 可愛いぃ・・ 私も思わず、声が漏れるほどうっとり😂 だんだん頭が・・・...

続きを読む

こんな悩みはありませんか?


こんな悩みは
ありませんか?


石やビニールなど変なものを食べる、舐める


異物を食べてしまうというお悩みはとても多くいただくご相談の一つです。普通の動物病院では、「食べないようにしてください」としか言われないことも多いのですが、実はこの症状はペットの未病のサインなのです。

手足やお腹など特定の場所ばかり舐める


体を舐めていたり、かいているのは単に「痒い」からではないこともあります。このような原因から起きている場合は、動物病院でよく出される抗生物質やステロイドが効かないことも多いのです。

お散歩中やお水を飲んだ後に、喉にものが詰まったような咳をする


ワンコやニャンコの「肩こり」は意外と知られていないもの。実は、人間より動物の方が「肩こり」の子が多いのです。大抵の小型犬は、前足や肩にかかる負担がとても多く、「肩こり」発生率もとても高いです。この「肩こり」が原因の場合があります。

すごく怖がりやすい、すぐ怒りやすい


中医学の言葉に「七情」(七つの感情)というものがあります。七情は、それぞれ五臓(五つの臓器)「肝・心・脾・肺・腎」と深く関わり、強い怒りや悲しみなどの感情の種類によって、症状が現れる部位が変わります。反対に五臓にトラブルが発生すると、感情にも変化が起こります。

<当院でできること>
・鍼や漢方、マッサージ、温灸など東洋医学(中医学)的な治療
・薬膳を取り入れた食事の指導
・フラワーレメディ
・理学療法(リハビリ)
・簡単な西洋医学的処置(皮下補液や傷の処置など)
・各地でのセミナー(東洋医学的なケアについて)座学、実習含む
・電話やメール、スカイプでの遠方の方のご相談

*初診での緊急の往診は、基本的に受け付けておりません。また、西洋医学的処置が必要と思われる場合は往診をお断りすることがあります。

オムニアでその悩み
解決できます!


一匹一匹に真剣に向き合い、病状だけでなくそのご家庭に合わせて診療を行ってきた経験とノウハウをご家庭にお伝えします!


動物病院に行くのを怖がる子は、とっても多いと思います。
ビクビク怖がっている中で、本来の体質は現れないと思いますし、リラックスした状態で施術を受けて欲しいので、なるべく動物たちに負担がかからないよう、基本的に往診での診察を行っております。

往診は、福岡を中心として行っておりますが、九州全域はもちろん、これまで沖縄、東京への往診も行っております。
診察には2〜3時間を要することが多いため、完全予約制で行なっており、じっくりとお話をお伺いし、体の隅々まで見ていきます。

当院では、ほぼ100%の患者様がかかりつけ医をお持ちです。西洋医学的な見解も踏まえながら、他にできることがないか、飼い主様と一緒に考えていきます。

普段、動物病院でゆっくり聞けないことも、時間をたっぷり取っております。なんでもご相談ください。

また、なるべくたくさんの人たちに「未病」の段階でペットの不調に気づいてもらい、ケアをしていただきたいという思いから、各地でのセミナー活動も積極的に行っております。

(これまでの開催地:福岡、佐賀、大分、大阪、東京)

飼い主様とペットのために。
オムニアの独自メニューです。


通院の必要がない「往診」に特化して
ペットに優しい技術と知識を提供します。
気軽におうちで行えるケアで病気を防ぎ、
いつまでも健康に過ごすために。

時間をかけず手軽にできる「おうちケア」/薬膳ふりかけのご紹介


ワンちゃん・ネコちゃんの「おうちケア」「治療補助」に薬膳ふりかけを開発しました。

往診


福岡を中心に九州全域だけでなく、これまで沖縄、東京など遠方への往診も行っております。

電話・メール・Skype


遠隔でもしっかりと体質診断・治療法の確定を行うためにじっくりとお話を伺います。

セミナー・WEBセミナー


正しい知識と対処法を学んで、なるべく早く不調に気づいてあげましょう。

お客様の声


N様 猫

先生のセミナーを受けさせて頂き、うちの子の心筋症が未病の時に発見する事ができ、今ではほぼ完治するまでになりました。
病院では発見出来なくても、こうして実際に具合悪くて悩んでいる方は、中医学や漢方はオススメします❗️
綾香先生のメール診断は、遠方だし半信半疑で受けましたが実際にこうして良くなっている❗️
凄く頼りになり、近くの病院よりも頼ってしまっています。
これからもずっとお願いするつもりです!

G様 猫

初めて保護して初めて飼った姉妹猫の一頭を6歳で亡くしました。
私に出来ることは何だろうと探していた時に出会ったのが鈴木先生のセミナーでした。
今まで興味のなかった中医学に基づくお話には未病のうちに現れる症状や変化、そしてそれに対して飼い主が出来ることや季節ごとの養生etcがいっぱいでした。
更に私の身体の不調も中医学的にみると納得出来てしまう…もう これだ!って感じでした。
ペットも飼い主も未病のうちにケアして健康に、もし病気になっても出来る限り穏やかな日々を過ごしてもらえるように私達飼い主に出来ることがいっぱい詰まったセミナーです。

I様 犬

私には一つ自慢があります。綾香先生の東京セミナーの皆勤出席です。
そんなに出席しないと分からないものなの?と聞こえてきそうですが、違います。むしろ逆です。何度も出たくなってしまうセミナーなのです。
確かに覚えなくてはならないことや、中医療独特の考え方などたくさんあり、一度で全てを理解するのは難しい内容です。ですが、綾香先生は、惜しみなく情報を開示されます。そして、ご自身が学ばれたことを、どんどん還元されています。
毎回、新鮮な驚きと愛犬にすぐに使える実践技術を得られるので、やはり外せないのです。実際、愛犬のバイタルをチェックする際に、中医学的項目が増えたことで、状態の変化にとても敏感になりましたし、未病予防とも言える手当ができるようになりました。
先生は基本猫派なのですが(?)、動物全体(人間含む!)への愛情があふれています。実際、往診している子達やご自身の猫さんの話題では、涙ぐんだり、感動したり、こちらの心が温まります。
私自身、犬好きが高じて大きめの動物病院で働いたことがあるのですが、陰で患者さんのことをネタにして笑う獣医師も少なくありませんでした。綾香先生には、そういう臭いが一切しません。
真面目に真摯に一頭一頭の動物に向き合い、飼い主さんに向き合い、全力で治療されています。まさに綾香先生の動物病院名のオムニアを実践されています。
その姿勢でセミナーに臨まれますので、内容が濃くないわけがないです。
愛犬、愛猫のためにできることを探したいという方なら、きっと得るものが多くあると思います。
綾香先生、ありがとうございます。
おかげでうちの子たちは、今日も元気です。

K様 9歳犬

我が家のヒューゴは、4歳のときに初めててんかんのような発作を起こし、6歳になって抗てんかん薬を飲み始めました。さらに7歳のときには、アルブミンの数値が極端に下がってしまったので、ステロイドを飲ませて数値の安定をはかることになりました。気がつけば、1日に何錠もの薬を服用させるようになっていましたが、このまま薬漬けになって行くのではなく、身体本来のバランスを取り戻してあげられないものかと思っていました。
ちょうどその頃、鈴木先生の講座を受講し、東洋医学的なアプローチによる体質改善に惹かれました。遠方にいらっしゃる先生のところに診察を受けに行くことは難しいと思っていましたが、メッセージや写真を通じてご相談しながら漢方を処方して頂けることが分かりました。
ヒューゴが胃腸を強くする漢方を飲み始めて1年が経ちました。他の薬もまだ飲ませていますが一番体調が悪かったときよりもずいぶん減らすことができています。
発作の間隔もあき、体調が安定して、平和な時間を過ごせることにとても感謝しています。

O様 2歳猫

「エミットは6ヶ月の頃に我が家にやってきましたが、当時から何度も下痢を繰り返し病院のお世話になってばかりでした。
はじめ、寄生虫が原因と言われ根本治療をしましたが、免疫が低下すると繰り返すと言われ、やはり気温が低下したりストレス?などで何度か再発しました。あとは、食事が変わるとすぐ下痢になるため、食事に気をつけたり乳酸菌を混ぜたり、お腹にいいことはけっこうやってきましたが、あまり効果は得られませんでした。
病院に行けば症状を押さえるだけの下痢止めや抗生剤が処方されるだけで、この先薬を飲み続けるのかと不安を覚えるようになりました。

そんな時、綾香先生のブログをFBで見つけ、エミットに当てはまる症状と、それが漢方で治療が出来ると言うことに藁をもすがる思いで先生に連絡しました。
肉球や背中の皮膚の状態を写真や動画で送り、その後電話で丁寧に問診をして下さり、エミットに合った漢方が処方されました。飲み始めて3ヶ月ほどて格段に下痢の回数が減りました。現在、飲み続けて1年程になりますが、下痢をする事はほとんど無くなりました!同時に以前は体重がなかなか増えず貧相な感じでしたが(笑)、体重も増え、毛艶も良くなり、気づいたら目やにも出なくなっていました。
漢方で体質が改善された事で全体の体調も良くなったんだと思います。若いうちに早目に立て直す事が出来て本当に良かったと思います。
先生が近くに居てくれたら…と思う事もありますが、遠く離れた仙台でもメールで相談したらすぐに対応して下さるので心強いです。これからもよろしくお願いいたします!」

K様 多頭猫

とってもビビリなうちの猫ちゃん。キャリーに入ってくれないし、病院に着くまでずっと鳴きっぱなし…不安と緊張でなおさら具合いが悪くなってるような…往診に来てもらったらそんな負担もかけずにすむし、とても丁寧に診察してもらって、マッサージの仕方とかも教えてもらえてよかったです。

ペットの不調お悩みは
今すぐ
お問い合わせ下さい

【往診ご希望の方は】

1.往診カレンダーよりご希望の日をお選びください。

2.自動返信メールの一番下にある問診のURLより問診をお送りください 。

3.こちらから日程決定のご連絡があるまでしばらくお待ちください。

【お電話、メール相談ご希望の方は】

1.お問い合わせ時の自動返信メールの一番下にある問診のURLより問診をお送りください

2.舌や前足、後足の肉球、全身状態がわかるお写真と皮膚の伸びが分かるような動画(首の後ろから尻尾の付け根まで)を病院のLINEかメールの方からお送りください。

3.後ほどご相談可能な日程をご連絡致しますので、しばらくお待ちください。

【往診ご希望の方は】

1.往診カレンダーよりご希望の日をお選びください。

2.自動返信メールの一番下にある問診のURLより問診をお送りください 。

3.こちらから日程決定のご連絡があるまでしばらくお待ちください。

【お電話、メール相談ご希望の方は】

1.お問い合わせ時の自動返信メールの一番下にある問診のURLより問診をお送りください

2.舌や前足、後足の肉球、全身状態がわかるお写真と皮膚の伸びが分かるような動画(首の後ろから尻尾の付け根まで)を
病院のLINEかメールの方からお送りください。

3.後ほどご相談可能な日程をご連絡致しますので、しばらくお待ちください。